波に乗る前に!サーフィンスクールでルールを学ぼう

海に入る前に!サーフィンスクールで基礎知識を学ぼう

surfing school.net

波に乗る前に!サーフィンスクールでルールを学ぼう

複数の人

自分に合ったボードを選びましょう

サーフィンボードは、4種類あって長さは全て異なります。1番長いロングボードは、約3メートル以内です。次に長いボードは、約2メートル60センチ以内です。その次は、ファンボードとショートボードになります。サーフィンスクールでは、初心者に合わせてロングボードやファンボードなどの初心者でも波に乗りやすいボードを使います。

2種類の波

波は2種類に分かれています。ビーチタイプとリーフタイプです。ビーチタイプの波は、海岸の砂によってブレイクする波です。波の形が大きいので、ゆっくりと滑らかに崩れてるのが特徴です。リーフタイプは、珊瑚礁や岩がある海底で波がブレイクします。同じ場所で波が出来やすいです。大きな波ができるのは、リーフタイプになります。日本のサーフィンできる場所は、ビーチタイプが多いです。

パドリングを練習しましょう

サーフィンの移動をする時は、サーフボードの上に腹ばいになり、両手を使って波をこぎます。これをパドリングといいます。パドリングは、サーフィンをする時に最初に覚えます。波を待っている時間よりも、パドリングしている時間が長くなります。パドリングをしながら、真正面から来たときは、サーフボードを下に押し、頭を下げて海面を潜り抜けましょう。パドリングの練習はサーフィンスクールでも、しっかりと教えてくれるので何度も練習をしましょう。

広告募集中